やばーい!お尻

マラセチア毛包炎って?

マラセチア毛包炎という病気を聞いたことはあるでしょうか?あまり耳慣れない言葉ですが、ニキビと似ている症状なので、罹患している人たちはたくさんいるようです。
症状としてはニキビのような赤いブツブツが胸、背中、肩、腕などに発生します。かゆみは軽いのですが、ひどい症状の場合にはかゆみと痛みも伴うこともあります。

 

マラセチア毛包炎の原因

ニキビはアクネ菌の繁殖が原因で出来始めるのですが、このマラセチア毛包炎は真菌(カビ)の一種であるマラセチア菌が原因で起きる症状です。このマラセチア菌は別名癜風菌と呼ばれます。マラセチア菌は人間の皮膚の表面にいる菌で、誰にでも発症する可能性があり、皮脂を好み、汗をかきやすい時期に活発な症状となり、症状が悪化してしまうことがよくあります。発症のケースにはマラセチア菌が皮脂を分解した時に炎症を起こす場合と繁殖したマラセチア菌を好物と判断して免疫反応が起きた場合の2通りがあります。

 

マラセチア毛包炎は塗り薬で治すことができます。そのまま放っておくことが無いようにきちんと治療を始めましょう。少しでも症状に気になったらすぐに皮膚科を受診することをお勧めします。医療機関で処方して貰える真菌(カビ)用の薬を早めに服用するようにしましょう。早ければ1〜2か月で症状は改善してくるはずです。ですが、この真菌は水分と湿度と栄養分があるとどんどんと増殖してしまいます。汗をかくシーズンは特に気を付けましょう。汗と皮脂とで皮膚に真菌が増殖してしまうからです。

 

女性の場合は、メイクを落とさないで、そのまま就寝してしまうことなどは、皮膚の上にメイク汚れの皮脂を残してしまって、真菌がどんどん繁殖してしまうので、身の廻りの生活にも注意をしましょう。
常に皮膚を清潔に保ちそのためには、汗はすぐにシャワーで洗い流したり、タオルで拭きとるようにしましょう。特に高温多湿の環境は菌を繁殖させるには、最適な環境なので、菌の繁殖を防ぐために室内温度や湿度にも気を付けるようにしましょう