やばーい!お尻

お尻の湿疹って?

お尻に出来る湿疹の原因は様々なものがあります。湿疹と言う病名は定まっておらず、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、帯状疱疹、脂漏性皮膚炎など様々な名称の病名が挙げられます。それなので、ここでは一般的に皮膚が赤く腫れてしまった場合での対処方法を見てみることにしましょう。

 

お尻の湿疹への対処方法

一般的な湿疹では、汗疹が挙げられるようです。ですが、個人的判断をすることは出来ないので、絶対にしてはならないこと、痒みがあっても?かないことこれが鉄則のようです。湿疹を痒いからと言って掻いてしまうと、とびひを起こして余計に炎症がひどくなってしまうからです。

 

一番の最良の方法は、医療機関に行って診療をして貰い、この湿疹の原因をしっかりと把握しておくことが重要です。医療機関ではその湿疹に即した治療薬を処方して貰えることでしょう。
医療機関に行けない場合もあるので、そのための最初の対処方法としては、汗をかいたらすぐにタオルなどで汗を拭いましょう。汗をかいて垢や埃によって雑菌が繁殖をして、どんどんと炎症がひどくなる場合があるからです。
お肌の湿疹は皮膚のバリア機能の低下も挙げられます。お尻の皮膚はとても薄いのですが、座ることによる皮膚への刺激、衣類との摩擦、汗による蒸れなどがお尻の皮膚の炎症を引き起こす原因となります。このようなことが引き金となり、お肌のターンオーバーが乱れて肌荒れを起こし、お肌のバリア機能が壊れてしまい、角質層が炎症を起こしてしまいます。炎症を起こした皮膚の隙間から水分が蒸発してしまい、乾燥も進み、いくら保湿をしてもどんどんと乾燥してしまうお肌になってしまうのです。そのため保湿はしっかりと行いましょう。市販されている保湿ジェルなどを使用してお尻の皮膚のバリア機能を高めましょう。
炎症を引き起こしている部分は、石鹸で洗い流すことは1日1回に留めてあとはシャワーが洗い流すだけか、タオルで拭く程度にしましょう。
クーラーなども炎症を起こしているお肌には良く無いので、気を付けて使用しましょう。